PHPでデフォルトのSessionを使うとブラウザキャッシュが無効になる

普通にheader関数でCache-Control:max-age=360とかやったけど、ブラウザで見るとno-cacheとか色々設定されていて、Pragma:no-cacheとかも設定されている。
これは、session.cache_limiter設定値がデフォルトでnoneになっているために、Cache-Control, Expires, Pragmaをキャッシュ無効な設定をはき出す様になっている。
部分的にキャッシュを有効化したい場合、PHPマニュアルの関数を使って、設定値をprivateとかにして、適当なsession.cache_expire設定値を入れてやれば良い。
キャッシュさせるパーツにセッションを使わずget渡しにして、session_startしないのもあり。

(41)


カテゴリー: PHP   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です