攻撃を受けた可能性がある場合にメール送信する – VPSセキュリティ設定

 昨日、ログイン試行して失敗した場合にbtmpに記録が取られる関連の記事を書いた。
 今日は、このファイルを監視して、サイズが変更された(ログイン失敗した)場合に通知するようにしてみる。

#!/bin/bash
LAST_SIZE_FILE=’/var/log/last_btmp_size’
BTMP_SIZE=wc -c < /var/log/btmp
LAST_SIZE=cat $LAST_SIZE_FILE
if test $BTMP_SIZE -ne $LAST_SIZE; then
NOW=LC_ALL=en_US.utf8 date
LOG=lastb -n 20
echo "HOGEHOGE's btmp file size was changed.[old:$LAST_SIZE, now:$BTMP_SIZE]
$LOG"|mail -s "HOGEHOGE's btmp file size was changed.[$NOW]" hoge@piyo.tld
fi
echo $BTMP_SIZE > $LAST_SIZE_FILE

 こんな感じのスクリプトをCRONで回してみる。
 btmpファイルのサイズをLAST_SIZE_FILEに設定したファイルに保存しておいて、現在のbtmpファイルのサイズと差違があった場合、hoge@piyo.tld宛にサイズが変わったことと、最近20行のbtmpログをメール送信するスクリプト。
 まぁ、とりあえず回しておくとある程度は役立つだろう。

(9)


カテゴリー: サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です