マイクロLinuxマシン BeagleBone Blackを買った

 ハイパフォーマンス・常時稼働を要求する処理は基本的にGMOクラウドVPS等のVPSで行っているわけだけど、どうしても家に装置が無いと困る事もある。
 テレビレコーダ等の専用ハードウェアが必要なもの、高速・大容量性が必要なファイルサーバ等が代表であるけど、我が家では制御系の物も必要である(環境モニタ、扉開閉確認、電源操作等)

 基本的に、末端の装置はAVRとかの8ビットマイコンで開発・構築して、親機はPCIバス接続のロジックインタフェイスカードを入れたマシンだったのだけど、インタフェイスカードが不調になってきた。
インタフェイスカード買い換えかなと思うものの、PCIのインタフェイスは将来性が微妙、ならば親機ごとPCIeかなとも思うのだけど、一式で50万くらいでちょっとためらい。
 よくよく考えると、必要な機能・性能を考えると、最近の組み込み用のハードならいける感じがする。

 パワフルなマイコンと言えばRaspberryPi(パワーレスなPCとも)が手元に何台か有るんだけど、入出力ポート数が足りない。
何か無いかなと検索してみると、最近はPi的なボードが色々あるらしい。
 その中で目を付けたのはBeagleBoard系のボードであるBeagleBone Black(BBB)

 入出力が大量に引き出されているから、ピンヘッダでPIOもI2CもSPIもいけるけど49ドルとお安い。

 BBBは、A8アーキテクチャの1GHzプロセッサを中心に、512MBの主記憶(DDR3L)と2GB不揮発(eMMC)がオンボード搭載、microSDスロット、USBのホスト・デバイス、FE、HDMI等揃っている。
 パッケージを開けると、ボードとUSBケーブルとCD-ROMだけの超シンプルさ。
 USBケーブルをPCに入れて電源投入すると複合デバイスが検出されて、ストレージデバイスの中にはドキュメント等が収まっている。 EoU(Ethernet over USB)のネットワークも出てきて、192.168.7.1がPCに割り振られて、192.168.7.2にBBBが稼働していて、HTTPやSSHで覗くことが出来る。
 とりあえず、デフォルトのOSはAngstromLinuxなんだけど、扱い慣れていないのでUbuntu12.04をインストールした。

 まぁ、細かい話は別にするとして、とりあえず、このブログ的にはサーバ能力はどうなのよ?ってところで、UnixBenchを実行してみた。

 システム140位というわけで、マイクロプランのVPSの1/10にも満たない。
 まぁ、高度な分析処理はVPSまかせにするので、センサーノードの情報を集めてVPSに定期送信できれば問題ないので、必要十分な性能ではある。

(131)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です