タグ別アーカイブ: Openswan

お名前.comのVPSとRTX1000の間にOpenswanを使ってIPSec方式のVPNを設定した

 Windows化したさくらVPSサーバー固定IPプロバイダでつないだRTX1000の間にアグレッシブモードメインモードIPSecを張っていたわけだけど、今回はCentOS 6環境のお名前.com VPS(KVM)サーバーとの間にメインモードのIPSec VPNの設定を行った。

 IPSecはオープンな規格であるものの、独自実装が多くて、なかなか相互互換が得られない困ったちゃん。
 特にLinuxのIPSec実装には色々なソフトがあって、つながる組み合わせ、つながらない組み合わせが難しい。
 今回使ったLinuxのIPSec実装であるOpenswanは、CentOS標準パッケージなのでメジャー系ではあるものの、あまり普及しているとはいえず、ネット上で情報収集してもL2TPと組み合わせてスマホを接続するような情報ばかりで、最終的にソースコードを眺めつつ、設定を詰めるのに1週間以上かかってしまったが、何とか構築することが出来たのでメモしておく。

RTX1000の設定

ip route VPSのグローバルIPアドレス gateway tunnel 1 filter 1001 1002 1999

ip filter 1001 reject * * udp * 500
ip filter 1002 reject * * esp
ip filter 1999 pass * *

tunnel select 1
tunnel name VPN2VPS
ipsec tunnel 1
ipsec sa policy 1 1 esp 3des-cbc sha-hmac
ipsec ike always-on 1 on
ipsec ike encryption 1 3des-cbc
ipsec ike esp-encapsulation 1 off
ipsec ike group 1 modp1024
ipsec ike hash 1 sha
ipsec ike local address 1 192.168.0.1
ipsec ike local id 1 192.168.0.1
ipsec ike payload type 1 3
ipsec ike pfs 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text 秘密だよ
ipsec ike remote address 1 固定IPだよ
ipsec auto refresh 1 on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1

3des-sha1の組み合わせで、ESP有効、MODP1024設定でPFS有効のポリシー(軽いdes-md5を試みたが、yumパッケージ版ではdesはサポートされておらずビルドし直さなければならない)

Openswanの導入は、CentOS標準のyumからの導入でOK(yum install openswan)

Openswanの設定
/etc/ipsec.conf

 auto=startだと起動時に接続にいく。 addにすると、コマンドラインから ipsec auto –up homenetwork のようにコマンドを打つことでリンクアップできる。
 今回は認証がsecret(事前共有鍵)なので、/etc/ipsec.secretsに
: PSK “事前共有鍵”
 のように記述しておく。
 電子証明書認証も出来る。

 VPN接続がうまくいくと、LAN側のPCで”traceroute VPSサーバーの固定IP”とか実行すると、デフォルトゲートウェイVPSサーバーのIPの順で表示される(VPNが無いと、デフォルトゲートウェイ対向ルータインターネットVPSサーバーのIPというように、中間のアドレスが表示される=トンネルモードVPNだと仮想的に1ホップになる)
VPSサーバー側でnetstatを実行すると、VPNで繋がっていないとルータの外側IPが表示されるが、繋がっているとLAN内部のIPがそのまま表示されることでも確認できる。

 VPNを設定しておくと、VPSサーバーからsambaを経由してLAN上のWindowsマシンの共有ストレージを利用したり、LAN上のマシンからPOP3接続したりしたときに、VPSサーバー<=>ルーター間の情報はすべて暗号化されるためセキュアで良い。

参考
参考
RTXのIPSec設定参考
新しいRTXだとこんな事も出来る

(211)


カテゴリー: サーバ設定 | タグ: , , , , , | 1件のコメント