PHP チューニングの基本

MySQLの時にも書いたけど、チューニング情報収集が大事(どこでどれだけ時間がかかっているか知る)
Webシステムでは、どのページがどれくらい時間がかかっているかというのを知った上で、そのページの中のどこが時間がかかっているかを調べる。

で、各ページの処理時間を簡単に表示するのに、
php.ini

auto_prepend_file
auto_apend_file

この設定を使うと便利。

これは、PHPのページアクセス時に、スクリプトに先立って自動実行されるファイルと、終了時に自動実行されるファイルを指定するものだ(exit命令で終了すると自動実行されない)
この設定は.htaccessでも設定できるので、開発ディレクトリに
.htaccess

php_value auto_prepend_file autoprepend.php
php_value auto_append_file autoappend.php

のように設定して、
autoprepend.php

<?php $time_start = microtime(true); ?>

autoappend.php

<?php echo(‘runtime:’.(microtime(true)-$time_start).’sec’); ?>

みたいなファイルを用意しておくと、ページの最後にruntime:4.6920776367188372secとか表示されるので、これが大きいページから処理していくと効率が良い。

なお、この自動実行ファイルはrequiredなので、ファイルがないとFatalErrorで落ちるので、include_pathに置いておくのが良い。

(60)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP], PHP   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です