MySQL接続にSSLを使用する – PHP MySQL SSL WordPress MYSQL_CLIENT_SSL 暗号化

 MySQLの接続にSSLを使う話。

 このブログはWordpressとMySQLが別のサーバで動いている(WindowsServer2003R2化したさくらのVPS上にMySQLサーバを設置して、Apache+PHPを設置したLinux状態のさくらVPSからmysqlコネクタを経由して接続している)
mysql接続は通常は平文なので、ネットワーク上で色々な情報がだらだら流れてしまうのは嫌なので、このコネクションをSSLで暗号化する。

 まず、WindowsServer2003R2上に設置したMySQLサーバにSSL設定を行う。
 MySQL5.5サーバのWindowsバイナリにはSSL機能が含まれているから、特別なプログラムを追加する必要はないけど、Windows上のSSL管理は複雑だ。
 MySQLサーバでは秘密鍵は暗号化されていないファイルでなければならないのだけど、Windowsではそもそも証明書ストアの内部に格納されているので、これを取り出さなければならないんだけど、その操作が証明書の取得と前後する(普通は秘密鍵をベースとして証明書の管理をするんだけど、Windowsでは証明書を取得しないと秘密鍵か取り出せない)
 まず、WindowsのIISマネージャを起動して、ナビゲーションからサーバ>Webサイト>既定のWebサイトを選択して、プロパティを開いて、「ディレクトリセキュリティ」タブにある「セキュリティで保護された通信」の「サーバー証明書」を叩いて「IIS証明書ウィザード」から、「証明書の要求を作成して後で送信する」処理でCSRを作成する(WindowsServer2003R2では古い1024ビットがデフォルトになっているけど、現在は2048ビットが一般的なので、それを選択してCSRを作成する)
 CSRを生成したら、普通にSSL証明書を取得してきて(今回はSSLボックス
からRapidSSLを取得)、適当なcer(※α)としてファイルに保存して、再度「IIS証明書ウィザード」から証明書を登録する(証明書を取得したときに、認証局の証明書も来ると思うので、これも適当なcer(※β)としてファイルに保存しておく)
 証明書の登録処理が完了したら、「セキュリティで保護された通信」の「証明書の表示」を開いて、「詳細」タブの「ファイルにコピー」を実行して、「秘密キーのエクスポート」で「はい」を選んで進むと、PKCS#12形式に固定されているので、チェックボックスを全て解除して、適当なパスワードを設定してpfxファイルにエクスポートする。
 OpenSSLが導入された環境で・・・

openssl pkcs12 -in 出力したpfxファイル -out 中間.cer

で、PFXをデコードする。 この時、聞かれるパスワードは、エクスポート時に設定したパスワードで、パスフレーズはCERに設定するパスフレーズである。
 で、CERにすると、秘密鍵はRSA暗号化された状態なので、再度opensslで

openssl rsa -in 中間.cer -out 平文.pem

とすると、パスフレーズを聞かれるから、先ほど設定したパスフレーズを入れて平文の秘密鍵(※γ)を得る。

 この手順で、α:サーバ証明書、β:認証局証明書、γ:秘密鍵が揃うので、MySQLサーバのあるホストの適当な場所に配置する。
 後は、MySQL設定ファイル(Unixではmy.cnfだが、WindowsではMySQLインストールディレクトリのmy.ini)の[mysqld]セクションに設定を追記する。

ssl-cert=”αのフルパス”
ssl-ca=”βのフルパス”
ssl-key=”γのフルパス”

の、3設定を入れてMySQLサービスを起動する。
 MySQLクライアントで「SHOW VARIABLES LIKE ‘%ssl%’;」とか打つと、

have_openssl : YES
have_ssl : YES

になっていれば、サーバはSSL動作可能な状態になっている。

 PHPのMySQLクライアントでSSL接続する場合には、mysql_connectの第五引数にMYSQL_CLIENT_SSL定数を設定すればOK。
 Wordpressでは、/wp-include/wp-db.php で、@mysql_connect(…)としている部分で、第四引数までセットされているから、「, MYSQL_CLIENT_SSL」と第五引数を追記してやれば、WordpressのDB接続時にはSSL接続を使うようになる。
 正常にSSLに接続されているか確認するために、mysql_connectの下あたりに

$res = mysql_query(“SHOW STATUS LIKE ‘Ssl_cipher'”);
var_dump(mysql_fetch_assoc($res));

とか書いてWordpressサイトに接続してみると、DHE-RSA-AES256-SHAとかの値がべたっと入っていれば、接続はSSLで保護されている(空文字が戻っていたらSSL保護されていない)

 これで、ネット経由のmysql接続が保護されるので、安心して使うことが出来る。

(199)


カテゴリー: MySQL, PHP, Windows VPS, サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です