固定IPの安いプロバイダに乗り換える – 固定IP プロバイダー 低価格 フレッツ

 我が家では、auひかりとか色々加入できるエリアだけど、プロバイダを自由に選びたい(固定IPで色々したい)っていう事で、フレッツひかりに加入してセッションプラスも追加、プロバイダを何社か契約している。
 特に、さくらのVPSとかのように、レンタルサーバを外部に持っている場合、通信の安全性を高める上でも、固定IP接続は加入しておいて損はないだろう(接続元のIP制限はセキュアだし、IPSecのメインモードを張っているので固定IPが欲しい)
 我が家では、先日までLivedoor providerだったのだが、やや安いサービスとして、
フレッツ光対応、固定IPサービス「ZOOT NEXT for フレッツ光」
と言うのが登場したため、こちらに乗り換えた。
 固定IPの数は1,2,4,8,16,32,64,128個の固定IPのプランが選べる(1個は通常のDHCP払い出しで、8~128個は通常のIP unnumbered、2・4個はごく一部のYAMAHAルータとVyattaで対応)
 また、一部のユーザにはありがたいポイントとして、なんと、固定IP1個でも逆引きが設定できる。 逆引きって言うのは、通常のDNSの検索がhogehoge.tldを検索して1.2.3.4みたいなIPを引くのに対して、逆に1.2.3.4を検索してhogehoge.tldを引くことなんだけど、通常のプロバイダだと、1-2-3-4.provider.tldみたいなのが帰ってくるのが普通なんだけど、ZOOT NEXTでは管理画面で、static.mydomain.tldをかの持ち込みドメインを設定できる。
 無料お試し期間もあるし、安定性もディレイも問題なく、なかなか良いプロバイダと思うのでオススメしたい。

 なお、フレッツでなければ加入できないので、auひかりとかの他社回線利用中の方は、プロバが自由に選べるフレッツへの移行もオススメしたい。

(54)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です