さくらVPSの新プラン、さくらのVPS(v3)4GBでベンチマーク(UnixBench)を取得して旧4GBと比較した

 さくらのVPSの4GBプランで新旧のベンチマーク(UnixBench)を取得してみた。

 Virtioによるディスクアクセスの高速化が著しいが、ドライストーン(軽いCPU処理パターン)も倍近く上昇しているし、ウェットストーン(重いCPU処理パターン)も上昇しているから、ディスクアクセスとCPU処理が影響してくる動画エンコード処理で性能を測定してみたいので、従来のサーバで構築していた動画エンコードシステムを新サーバに移行して実利用での性能差を測定してみよう。

(61)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP], レビュー   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

さくらVPSの新プラン、さくらのVPS(v3)4GBでベンチマーク(UnixBench)を取得して旧4GBと比較した への3件のコメント

  1. maigoofy より:

    こんばんは。いろいろな役に立つ情報の公開、ありがとうございます。私もさくらのVPS(v3) 4Gを試しているのですがUnixBenchが2987.0くらいにしかなりません。これは誤差の範囲でしょうか?ApacheやMySQLの設定も影響しますか?もし、ご存知でしたらお教えください。

    • より:

      maigoofy さん
       UnixBenchは計測時間が長いので、Apache等を導入して稼働している場合、そちらへのアクセスでベンチ結果が低下するのは仕方ありません。
       また、VPSは多くのユーザを詰め込んでいますから、自分が配置された物理サーバの当たり外れ(他のユーザの負荷次第)があります。 仕事でもさくらVPSを結構利用していますが、だいたい3000前後で誤差があり、運が悪いと2600を切るということもありますので、3000弱なら平均程度かと思います。
       ちなみに、お名前(KVM)のレビューではディスクが弱いと書いていましたが、最近契約した物は400以上ベンチ結果が高く、ディスク周りがかなり改善されていました。

  2. maigoofy より:

    ご回答頂きありがとうございました。なるほど。さくらのVPS 4Gをもう一つお試しで使ってみましたら、3100前後でした。他にヘビーユーザーがいるかもしれないということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です