新さくらVPSをWindows化する – さくらのVPS(v3)にWindowsを新規導入する

 前回は既存のWindows化したさくらのVPSの新システムへの移行手順を書いたので、今回は新規にWindowsをセットアップする手順をメモっておく。
 この方法でお名前.com VPSもVirtio有効Windows化出来る。 Virtio無効なら従来のVMwareを使う方法で対応可能。

 前回同様、Proliant ML110 G7にKVMを構築してPrimergy TX100 S3にKVMを構築して、そこに導入したWindowsを導入してDDするという手順で導入することにする。

  1. CentOS 6.2 x86-64をダウンロードしてきてDVDに焼いてProliantに入れてインストール。
    インストール設定はDesktopモデルで追加設定として仮想化を全てOnにして導入して、SSHを外部ネットに公開しておく。

  2. Proliantの端末で virt-manager と打って仮想環境マネージャを起動する。
  3. 仮想環境マネージャでlocalhostに新規Virtualmachineを作成する。
    ステップ1では、仮想マシンの名前としてsakuraを設定、OSインストール方法はローカルメディアを選択する。
    ステップ2では、WindowsインストールディスクのISOイメージのパスを選ぶか、ディスクを挿入した物理ドライブのデバイスパスを設定する。 OSの種類とバージョンは導入するOSに合わせる。
    ステップ3では、適当なメモリ容量とCPUコア数を選ぶ。
    ステップ4ては、コンピューターのハードディスク上にディスクイメージを作成を選び、サイズはVPSのHDD容量より少ない範囲で適当に設定、すぐにディスク全体を割り当てる、を必ずチェック。
    Windowsインストールを行ってVirtualmachineをシャットダウンする。
  4. sakura Virtualmachineの設定画面でデバイスの追加を行い、ストレージデバイスをDisk bus=Virtioにして適当なファイルを作る。
  5. sakura Virtualmachineを起動する。
    Windowsが立ち上がってくると新規デバイスの検出画面が出てくるので、VirtIO SCSIドライバを導入する(Virtioドライバダウンロード
    Virtualmachineをシャットダウンする。

  6. sakura Virtualmachineの設定画面を再度開き、IDE Disk 1の設定を開いてDisk bus=Virtioに変更する。
    2個前の手順で追加したストレージデバイスを削除する。

  7. Virtualmachineを起動する。
    Windowsが立ち上がってくると再び新規デバイスの検出画面が出てくるので、VirtIO SCSIドライバを導入して(これで起動ドライブがVirtioに繋がった)シャットダウンする。

 この手順で、/var/lib/libvirt/images/sakura.img がVirtio起動用の新規Windowsイメージになったので、VPSにddで投入する。

 これをVPSに導入する手順。

  1. VPSの設定画面でカスタムインストールを選択して、Debianあたりを導入する。
    この時のパーティショニングは、
    先頭 Virtualmachineに設定したディスクサイズ 非マウント
    第2 残量全て /にマウント
    で切って、第2パーティションにLinuxを入れておく。

  2. 先ほどのVirtio化イメージをVPSに流し込む。
    VPSのコマンドラインで

    #ssh -l hoge nnn.nnn.nnn.nnn “cat /var/lib/libvirt/images/sakura.img” | dd of=/dev/vda

    hoge:Proliantのユーザ nnn.nnn.nnn.nnn:Proliantのアドレス

  3. VPSを再起動する。

 これで新さくらのVPS(Virtio)がWindowsで動くようになる。
 VNCコンソールからネットワークのIPアドレス等を設定すれば、後はリモートデスクトップで管理できる。

 全ての手順が完了してからWindowsアクティベーション処理を行う(自分のKVMに入れた段階で自動アクティベーションしてしまうと、さくらに入れた段階で構成が変わって再アクティベーションになり、オンラインアクティベーションが出来ず、電話認証になってしまう)

(40)


カテゴリー: Windows VPS   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

新さくらVPSをWindows化する – さくらのVPS(v3)にWindowsを新規導入する への8件のコメント

  1. xaw より:

    手持ちのWindowsをVPSに入れるのは魅力的ですが、ライセンス違反なんですよね
    さくらのVPSもWindowsを有償オプションで提供してくれないものか

  2. ピンバック: さくらのVPSでWindows系OS を動かす » くまきちの発信サイト

  3. 初心者 より:

    非常に参考になりました。ありがとうございます。
    一つお伺いしたいですが〜

    > この時のパーティショニングは、
    先頭 30GB 非マウント
    第2 残量全て /にマウント
    で切っておく。

    以上参考して、私は

        先頭 190GB 非マウント ( パテーションを使用しない)
    第2 残量全て /にマウント ( Ext3 )
    の様にきりました。

    インストールしたら、 df -h にて確認したら、/dev/vda2 しか表示されません。 (当然とおもいますが)
    このままで、KVMにて構築したイメージをさくらの方に流しても問題なさそうでしょうか。
    #ssh -l hoge nnn.nnn.nnn.nnn “cat /var/lib/libvirt/images/sakura.img” | dd of=/dev/vda

    気になるのが、やはり /dev/vda1 はどういう風に認識されるべきという質問です。
    先頭部分 ( 30GB 非マウント ) のパテーションはどうされましたか?
    利用方法はext3でしょうか、それともその以外の利用方法でしょうか。
    教えて頂ければ幸いです。

  4. より:

    初心者 さん
    >このままで、KVMにて構築したイメージをさくらの方に流しても問題なさそうでしょうか。
     問題ありません。
     ddを実行すると、/dev/vdaが元のKVMのイメージで上書きされて、作業途中の/dev/vda2は消えます(/dev/vdaというのはディスクドライブ全体のデバイスで、/dev/vda1,2,3…と言う数字が振られたパーティション全体を指すものです。 KVMのイメージを/dev/vdaに流せば、KVMのイメージ上のディスク割り振りの通りに更新されます)
     dd実行後に再起動すると、この手順では後ろに空きスペースが出来ますので適当なデータエリアとして利用するのが良いかと思います(私は設定ファイルなどのバックアップエリアとして使っています)

  5. 初心者 より:

    鮎 さん、

    ご返事ありがとうございます。
    いまから早速やってみます。
    また報告させてくださいませ。

    ありがとうございます!

  6. 初心者 より:

    鮎 さん、

    まだ、イメージファイルをSAKURAVPSに流す前の段階です。

    >ステップ4ては、コンピューターのハードディスク上にディスクイメージを作成を選び、サイズはVPSのHDD容量より少ない範囲で適当に設定、すぐにディスク全体を割り当てる、を必ずチェック。

    sakura の190GBをWINDOWSに割り当てたいと思います。
    ディスクイメージを作成する際、「すぐにディスク全体を割り当てる」を必ずチェックすると、 /var/lib/libvirt/images/sakura.img のサイズが190GBになってしまいます。

    #ssh -l hoge nnn.nnn.nnn.nnn “cat /var/lib/libvirt/images/sakura.img” | dd of=/dev/vda を使用すると、190GB をさくらのVPSに流すことになりますので、かなり時間がかかりそうと思います。
    「すぐにディスク全体を割り当てる」をチェックせず、サイズ(190GB)だけを指定することはだめでしょうか。(流す時間の短縮につながる狙いです)

    鮎 さんはどうされましたか?
    教えて頂ければ幸いです。

  7. より:

     ’すぐにディスク全体を割り当てる’を選択すると完全なドライブのイメージになるので、ddで流し込むことが出来ますが、選択しないとデータの断片のようになってしまう為、正常に動作しないと思います。
     NTFSで確保している場合は、ある程度圧縮が効くはずなので、
    #ssh -l hoge nnn.nnn.nnn.nnn “cat /var/lib/libvirt/images/sakura.img |gzip -c” | gzip -dc | dd of=/dev/vda
    のように、gzip圧縮して転送するのがよいかと思います。

  8. 初心者 より:

    鮎 さん、

    ご返信ありがとうございます。
    gzip圧縮して転送するようにします。
    いろいろありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です