Windows Server 2012のCHKDSKもやっぱりメモリ不足で止まる。

 Windows7 64bitで話題になったCHKDSKするとメモリ不足になるという話だけど、WindowsServer2012(WS2012)でも同様に発生した。

破損ファイル (…\sc_files_001.jpg <0x2,0xef18d>, …\sc_files_002.jpg <0x2,0xef18e>, …) が 3 個見つかりました。ディレクトリ “\??\D:\found.001” のインデックス “$I30” への再接続を要求しています。
メモリ不足のため、自己復旧用のコマンドを送信できませんでした。

 実装メモリ8GBで24TBアレイを低レベルセクタ書き換えで無理に破壊してCHKDSK /SCANを実行したらこうなった。
 さて、どうしたら上手く動くようになるのかな。
 とりあえず、こういった、非正常時の動作を検証しないと本番化はできないよなぁ。

(149)


カテゴリー: Windows VPS   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です