新しいUPSを購入した

 我が家は下手なシステム屋以上にコンピュータやらネットワーク機器やら揃っている。 そんな中で、ベース環境としてUPSは欠かせない存在。
 従来、APCのSmartUPS 1500, 750, 500を利用していたのだけど、この夏の暑さでバッテリーがへたったため、750と500のバッテリー交換が必要な感じになった。
 ちなみに、UPSのバッテリー寿命は温度依存が非常に高い>オムロンのページ
 この夏にエアコン無し・強制空冷(扇風機)環境35度でSmartUPS500は死亡だったが、本体内に冷却ファンのあるSmartUPS1500は死ななかった。 やはり、ファンレスは信用ならないな・・・

 まぁ、そんなわけで、500の方を最近気になっていたリチウムイオン電池タイプのUPSにリプレースしてみた。

 ↑こんなやつ。

 500VAモデルで4万円弱なので、最近の相場だと結構高い感じだけど、買って正解だった。
 第一印象は、その軽量さがすごい。 UPSを通販すると、運送屋のおっちゃんに悪い感じがするわけだけど、こいつはなんと2.2kg、A4ノートPCと変わらない。
 サイズもスモールフォームファクタのマシンと同じ程度、Express5800/S70hfと並べて良い感じ。
 機能的にもかなり良好だ。
 SmartUPSではネットワークマネジメントカードをオプション追加して管理していたわけだけど、こいつは標準でWebインタフェイスがあって、リモートサイトから電源操作ができる(SNMP監視で複数台シャットダウンとかは出来ないが、容量的に複数台接続する物でも無い)
 また、ネットワークをモニタして、ダウンしたときに自動リセットすることが出来る。 安いルータを使っているような環境では、ルータが応答停止してせっかくのリモート管理が出来ないこともあるが、この機能があれば自動的に復旧を試行できる。

 ネットワーク機器用のUPSがGS Pro500、作業部屋とサーバルームがそれぞれSmartUPS750と1500になった。 SmartUPS500は予備で倉庫にしまっておこう。

(40)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

新しいUPSを購入した への1件のコメント

  1. 最近はVPSもハイスペック低価格になってきたので鯖本体やUPSや電気代考えるとVPSの方が安くて簡単だったりするので迷いますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です