今更ながらMariaDBに更新した

 サーバのミドルウェアとかって入れ替えるのは結構面倒くさいので、とりあえずパッケージマネージャでセキュリティ修正だけ適用して済ませていたんだけど、最近、WPが重いんでMySQLを入れ替えることにした。
 従来はMySQL5.5が入っていたけど、今回はMariaDB10.1にアップした。 CentOS5.5の古い環境・・・

  やってみればこれで全部終わった。 既存DBのダンプ実施、mysqld停止、設定バックアップ、yumリポジトリの追加、既存のmysqldをyumでアンインストール、そのままMariaDBを入れようとするとmysql-libsがコンフリクトしたのでmysql-libsをrpmで削除(yumだと依存でzabbixとか一式削除されそうだったためrpmで依存無視除去)、yumからMariaDBをインストール、コンフィグを戻し、mysqlをスタート(mysqldからmysqlに変わっている)、mysql_upgradeしてデフォルト起動をOnに設定。 一部のアカウントがOld-passwordになっていてsecure-authで蹴られて繋がらなくなってしまった。
この場合、管理ユーザでパスワードを再登録するところだけど、なんとrootがold passwordになっていて入れなかったので、/etc/my.cnf.d/server.cnfのmysqldセクションにskip-secure-authを記述して一時的に起動し、old_password=0にてPASSWORDを再登録してskip-secure-authを削除して再起動した。

 更新にあわせてデータフォーマットの変更、パラメータ調整などを実施したところ激重だったwpのstatpress処理時間が劇的に改善した(デフォルトでstatpressはmyisamなので、mysqldumpして定義部分をENGINE=INNODB ROW_FORMAT=DYNAMICに変更してインポート)

(82)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です