IX2215にL2TP接続した上で更にトンネルを通る=IX2215センター運用

 最近のネットワーク構成の流れで、IX2215がセンタルータと化している。

 ローカルからの利用では、IXからVPSまでIPSecトンネル(Tunnel1.0)を張って利用しているけど、L2TPでIXにダイアルアップ(Tunnel10.0)するとIPSecトンネルを通らずに、グローバルIPをそのまま通ってしまう。
 Tunnel1.0へのポリシーはGE2.0のポイントに張っているから、Tunnel10.0は見た目上、GE2.0ネットワークのIPに割り当てられているものの、トンネルインタフェイス自体はインタフェイスの一つなので、そちらにもTunnelを経由する経路を入れておかないといけない。
 この場合はポリシールーティングを設定すれば、Tunnel1.0を通ることが出来る。

 ルートマップで、VPN経由のインタフェイス指定を作ってやって、L2TPが入ってくるインタフェイスにそのルートマップを割り当てている。

(94)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です