ZabbixでIX2215のL2TP接続数をカウント

 IX2215のリモートアクセス用L2TPの接続数をZabbixで監視するためにアイテムを作成してみた。
 IX2215はSNMPv2cでZabbixから監視されている状態で、SNMP Deviceテンプレートでディスカバリ。

 今回は手っ取り早く、計算アイテムで作成。 L2TPトンネルはTunnel10.0~19.0に設定されているとから、

 ifOperStatusはSNMPのインタフェイス動作ステータスに結びついたキーで、アップしていると1、ダウンしていると2になる。
 countはcount(キー名、期間、値、条件)形式で、キーの指定期間(#数値形式は回数、数値形式は秒数)の記録を条件・値で評価した数を返すので、この場合は直近1回のアップ状態をカウントして、10-19番のトンネルを合算しているだけ。
 キーは、ifOperStatusみたいな書き方だと、アイテムを書いているホストの他のアイテムのキー指定で、IX2215:ifOperStatusみたいに書いて、指定ホスト(この場合IX2215)のキーを指定できる。
 たいした物じゃ無いけど、Zabbixの計算アイテムをはじめて作ったので、書式がイマイチわからなかったのでメモしておく。

(175)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です