Ansibleを使ってお名前VPSにWP展開してみた

 職場でいつも利用しているお名前.com VPSに一発でWordpress展開するためにAnsible playbookを書いてみた。

 新規のVPSを立てたら、 wget -O – http://myserver/id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys みたいな感じで、rootに展開ユーザの公開鍵を突っ込んでroot ssh出来るようにしちゃう。
 で、あとはこのプレイブックをwordpress.ymlとかに保存して

みたいな感じで実行してやれば、remiを入れてPHPとMySQLのインストール、MySQLのユーザ作成、WPダウンロード、WP-Config生成、iptables穴開け等など一通り実行してしまえるんで、終わったらブラウザで開いてWPのサイト名設定とかだけやっちゃえば完了。
 これまで利用していなかったAnsibleの機能としては、registerを使っているところ。 registerを使うと、結果を変数に登録して後から使える。 今回は、remiが既にあったらepel/remi導入をスキップする処理、MySQLユーザ用のパスワードを乱数機から自動生成してWP-Configを生成するときに利用している。 /var/www/htmlを消して丸ごとwordpressに差し替えているんで、既存サーバに使うと大惨事になりかねないのには注意。

(125)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です