yumで入れたtomcat5のlogrotate – logrotate yumパッケージのバグ

 yumでtomcat5を導入すると、logrotate.dにtomcat5っていう設定ファイルが出来ている。
 しかし、これがお馬鹿で仕方ない。
一行目
/var/log/tomcat5/* {
logrotateは、このパスに一致するファイルをローテーションする。
 通常は、ファイルAに対して、ファイルA.1.gz、ファイルA.2.gzみたいに世代バックアップが出来ていくのだけど、2回目にlogrotateを回したときにはファイルA.1.gzに対してローテートが働いて、ファイルA.1.gz.1.gzが発生してしまって、以下ループ。 1.gz.1.gz.1.gz.1.gz.1.gz・・・とゴミファイルが沸き続ける。
 ぐっちゃぐちゃになってしまうので、logrotateの設定には注意しよう。

(33)


カテゴリー: サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です