VPSからちょっと離れてQNAP TS-419P2を買った話

 VPSネタではないんだけど、サーバ関連ネタと言うことでQNAP TS-419P2の話。

 最近は家庭用NASが結構出てきているけど、いろいろ遊べるNASと言うことでQNAPのTS-419P2を購入した。
 こいつは、QNAPの低価格シリーズの4ベイタイプで、大体5万円ぐらいで流通しているんだけど、ドライブ無しなので、3TBを4台入れると大体10万円コース。
 RAID5を構築してGbE直結時のWindowsファイル共有転送速度は書き込み35MB/s程度で決して速いとはいえないんだけど機能が豊富。

 よくあるNAS同様Linuxベースなんだけど、普通にSSHが公開されているので、ファーム改造とか必要ない。
 基本モジュールでWindows/Apple/NFS等の共有ができるのは当たり前として、RSYNCなんかも使える。
更にWebサーバが動作して、MySQLとかも追加モジュールで簡単導入。 Wordpressなんかも追加モジュールである。
後はPPTPサーバに出来たり、OpenVPNサーバに出来たりもする。
で、これらのサービスは殆ど、簡易なGUIで設定できる。 なので、単なるNASと言うより多機能サーバと言った感じを受ける。

 有線LANはGbEが二つ。 あと、他社製の無線LANアダプタをUSBポートにつけるとそれでアクセスすることも出来る(手持ちのBuffaloアダプタで確認)
 eSATAが2本、USB3.0も2本あって、そこにストレージを追加してそれを共有したり、プリンタ共有したり出来る。 フロントにUSB2.0があって、そこにメモリを挿すと自動コピーなんて言うこともできる。
 我が家では従来からCoregaの4ベイ外付けBOXを使っていたのをそのままつなぎ替えして8+8=16TBの大容量サーバになった。 外付けストレージの方はRAID処理がオフローディングなんで80MB/s近く出る。
 内部ディスクはアクセスがないときに自動停止させたり、タイムスケジュールで動かしたりも出来るし、ファンもスマートコントロール&静音で寝室においても悪くない感じだ。

 VPSで遊んでいる人には興味を引かれる一品じゃないだろうか。
 なお、今回は4ベイモデルを購入したが、お安い1ベイ・2ベイのモデルもある。

(107)


カテゴリー: レビュー   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です