nginxのプロクシの裏側キャッシュを制御する

 nginxと裏のサーバ間のキャッシュを設定する。
 nginxのproxyでキャッシュする場合は、proxy_cacheを設定する。

proxy_cache_path /dev/shm/c levels=1:2 keys_zone=cachezone:512m;
server {
    location / {
        proxy_cache cachezone;
        proxy_pass http://appservers;
    }
}

 proxy_cache_pathでキャッシュの置き場所、置き方等を定義して、proxy_cacheでキャッシュ領域を割り当てる。
 で、この場合、プロクシを通過したデータを512Mまでキャッシュする。

 nginxでは細かい設定ができるのがイイね。

proxy_cache_path /dev/shm/c levels=1:2 keys_zone=cachezone:512m;
server {
    location / {
        set $dontcache 1;
        if ($request_filename ~* ".*\.jpg$"){
            set $dontcache 0;
        }
        if ($request_filename ~* ".*\.png$"){
            set $dontcache 0;
        }
        proxy_cache_bypass $dontcache;
        proxy_cache cachezone;
        proxy_pass http://appservers;
    }
}

 こうすると、要求されたファイル名がjpg, pngで終わるときしかキャッシュしない(proxy_cache_bypassに与えた値が0以外であるとき、キャッシュ機構をバイパスする)
 if文なので、$http_user_agent を使えばBOTと通常クライアントで異なる制御をしたりできる。
 また、特定のクッキーを持っている時だけバイパスするということも可能なので、開発ユーザにクッキーを食べさせておいて、該当クッキーをチェックするようにすると便利。

if ($cookie_author ~ “true”){
    set $dontcache 1;
}

みたいなこともできるし、そもそも、$cookie_author を 1/0 で制御するなら

proxy_cache_bypass $dontcache $cookie_author;

でも大丈夫。

(91)


カテゴリー: サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です