リアルサーバの消費電力計測

 我が家のメインサーバの消費電力を計測してみた。

メインサーバ SV04
構成
ベースユニット
HP Proliant ML110G7
CPU PentiumG840
MEM PC3-12800E UDIMM 4GBx2
HDD Savvio10k3 x 2, ST3000DM001 x 8
RAID Controller ASR-5805, ASR-2405
TAPE IBM LTO4
VGA Radeon HD6450/1GB
NIC Mellanox InfiniBnad Controller
Power Corsair HX750 80plus Gold

 ASR-5805からST3000DM001を接続しRAID5構成、ASR-2405からSavvioを接続しRAID1、ついでにLTO4に接続。
 EIST有効、ドライブアイドル時スピンダウン有効の設定で構築。 電源は本来もっと小容量の物の方が変換効率が良いのだが、手持ちの作業マシンのお下がりなので・・・

・高ロード時の消費電力
RAID5上の重複排除ジョブを実行しつつ動画再生 > 160W

・低ロードアクティブ状態
RAID5にGbE経由のファイルアクセスを継続 > 120W

・待機状態
RAID2本ともスタンバイ状態 > 60W

 待機状態の消費電力内訳を分析
メインボード系 6W
CPU 13W
MEM 9W
カード類 14W
ドライブ類 13W
冷却ファン 5W

 SavvioをやめてBC-SATAドライブに切り替えてオンボードSATA接続にすれば、5W位の電力削減が望める。 また、LTO4もファイルサーバ側にライブラリがあるので、取り外しても問題ないため、3W位の電力削減が可能。
 しかし、トータル10W程度ではいくら電気代が高くてもなかなかペイ出来ないのも事実。
 資金の投入による省電力化で一番効きそうなのは、やはりメインボード周りの部分。 パワー的には現状のCPUでも事足りているので、やや性能は下がるものの消費電力で定評のあるAtom C2500シリーズに交換すれば、アイドル時の消費電力はメインボード・CPU・MEMセットで10W付近に収まり、現状の半分以下、更に高負荷時には+10W程度で収まるため、システム全体としては120W付近まで下げることが出来る。 まぁ、それでもHDD10台搭載している時点でなかなか低消費電力というのは難しいかもしれない。
 現状で言えば、ML110G7は幸い、iLO3機能でLAN上から電源操作も可能だから、普段はシャットダウンしておいて使うときだけ電源を入れるようにしてしまうのが一番の省電力化になりそうだ。
 ちなみに、電源を切ってもiLO3が生きているため5W位は電力消費があるのが難点。

(129)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP]   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です