SSL設定-中間証明書

 先日入れた証明書はルート証明機関からの証明書を利用していた。
 ルート証明機関から発行された証明書は高額で、最近はルート証明機関から認証された証明機関(中間証明機関;電子証明書には目的という項目があり、普通のSSL証明書はそのWebサーバを証明するのみだが、認証機関には証明書の発行が目的に含まれている)が安価に証明書を発行していたりする。
 この安価な証明書をサーバに導入した場合は、併せて中間証明機関の証明書も導入しないとオレオレ証明書のような警告が発生する。
 中間証明機関の証明書は、ssl.confのバーチャルサーバディレクティブ内

SSLCertificateChainFile /etc/pki/tls/certs/piyo.crt

のように記述して、証明書発行機関が示す証明書を/etc/pki/tls/certs/piyo.crtの中に書いておけば良い。

(85)


カテゴリー: サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です