Windows Server 2012重複除去の管理を行う – 重複除去構成の解除、空き領域の開放 – WindowsServer2012

 Windows Server 2012の重複除去機能を試用していて気がついたのだけど、重複除去対象ファイルを他のボリュームへ移動したり、削除したりしてもディスク容量が空かない。
 なんだコレ、と試しに管理画面から重複除去の構成を無効化してみたけど変わらなかった。

 重複除去処理されたファイルは、中のデータ実体が専用管理されていて、デフォルトでは管理画面に無いスケジュールで週1で不要データ管理がされているようだ。
 なので、大量のファイルを削除して直ちに空き領域を確保したい場合は、その処理を手動で実行する必要がある。
 手順としては、PS(Power Shell)を管理者モードで起動して

Start-DedupJob ボリューム -Type GarbageCollection

※ボリュームは D: とか E: とか
を実行する。

 実行中の状態を調べる場合は

Get-DedupJob

を実行する。

 重複除去したディスクの重複除去を解除する場合は、

Start-DedupJob ボリューム -Type Unoptimization

を実行する。
※解除するための容量が不足する場合には処理に失敗する。

 直ちに、スループット重複除去を実行する場合は、

Start-DedupJob ボリューム -Type Optimization

を実行する。

 重複除去構成したファイルサーバで不要ファイル削除なんかの作業をした後には手動でガーベジコレクションを実行するべきと・・・
 ファイル削除しても空き領域が増えなくて焦ったのでメモっておこう。

(935)


u8x7co8

カテゴリー: Windows VPS, サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です