CodeIgniterのルーティングを活用する – PHP 開発

 CodeIgniterのルーティングの話。
 ルーティングは、URIルールに従って動くCodeIgniterのコントローラ制御などのルールを書き換えて、本来と違う動きを挿せる機能。

$route[‘PRO/([^\/]+)’] = “$1/index/pro”;
$route[‘PRO/([^\/]+)/([^\/]+)’] = “$1/$2/pro”;
$route[‘PRO/([^\/]+)/([^\/]+)/(.*)’] = “$1/$2/pro/$3”;

$route[‘PREMIUM/([^\/]+)’] = “$1/index/premium”;
$route[‘PREMIUM/([^\/]+)/([^\/]+)’] = “$1/$2/premium”;
$route[‘PREMIUM/([^\/]+)/([^\/]+)/(.*)’] = “$1/$2/premium/$3”;

 これらのルーティングを定義すると、通常、 /Controller/Method/Options… となっているURIを書き換えて、製品グレード別に /PRO/Controller/Method/Options… /PREMIUM/Controller/Method/Options… のようにアクセスさせて、内部的には同じ /Controller/Method/製品グレード/Options… にマップする。
 各メソッドの第一引数に製品グレードを判別して、使える機能・使えない機能を切り分けたりすることが出来る。

(74)


カテゴリー: LAMP[Linux, Apache, MySQL, PHP], PHP   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です