VPS上のHTTPで通信帯域を節約する01 – apache httpd deflate mod_deflate vps

 VPS上でHTTPdを利用しているときに、通信帯域の頭打ちで応答が低下することがある。
 さくらのVPSだと、割り当て帯域は100Mbpsなので、重いページを提供していると結構かつかつになる。
 そんなときに便利なのが、Apacheのmod_deflateモジュール。
 こいつを使うと、データ本文をgzip等で圧縮して転送できる。 HTMLは辞書が有効に働きやすく(タグであるとか、style等の属性等が定形なので)、これを適用すると100KBのページを10KB弱の転送で済ませたり出来る。

 とりあえず、.htaccessで使う場合の設定。

SetOutputFilter DEFLATE
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html

#1 DEFLATEフィルタを有効にする。
#2 MIMEタイプがtext/htmlである物に対してDEFLATEフィルタを適用にする。
httpd.confでmod_deflateを読み込んでいてAllowOverrideされていれば、.htaccessで制御できる。

 VPSではネットワーク帯域が狭いことがあるので、CPUパワーに余裕があれば活用したいモジュールだ。

(60)


カテゴリー: サーバ設定   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です